おいしいオリーブオイル通販・販売店

本当に美味しいオリーブオイルとの出会い

「これが本物のオリーブオイルなんですね!」
こうお客様に言っていただけた時が幸せです(笑)
ちょっと大げさですが、今までの「オリーブオイル」は、忘れていただいてもいいかもしれません。
それほどの新しい出会いが、ここにあります。
特に、オリーブオイルの「くせのある匂い」が嫌いだった方は、残念ながら今まで、 いいオリーブオイルとの出会いに恵まれていなかっただけかもしれません。
このオリーブオイルは、調味料のように使ってみてください。
パスタには最高に合いますが、それだけではもったいないかも。
日本料理にだって、相性バッチリ。
サラダは勿論、お豆腐や納豆、ヨーグルト、アイスにかけるても、驚くほど美味しくなります。
カップラーメンや味噌汁、そうめんのタレにかけて使うのもお勧めです。
パンに付けたら、もう最高です(笑)
オリーブオイルの魅力が大きく評価されている今、日本の一般のご家庭でも こういう魅力あるオリーブオイルが並ぶ日が遠くないと思います。
言葉だけでは伝わりません。本物の味を是非一度、ご賞味下さい。

オリーブオイルのグレード

オリーブオイルのグレードは大きく分けると以下のようになります。

エクストラバージンオイル

オリーブオイルの最高級グレードは「エクストラバージン オイル」といい、 酸度が0.8%未満かつ、鑑定士の判定が 「エクセレント」としたもの。 しかし、この中でも優劣の差が大きくありすぎ、 美味しいとはいえないものが多いのも事実。 スーパーなどで比較的大きな容器で売っているものも グレードだけで言えば、エクストラバージンオイルなんです。 最近はヨーロッパでも日本でも、より良質のものが求められ、 エクストラバージンオイル=美味しいという方程式は崩れてきました。 その背景には、健康・グルメ志向から、オリーブオイルを調味油ではなく調味料として、或いは そのまま飲むような機会が増えたこと、それによって、味にごまかしが効かなくなったこと、 食の安全に対する意識が高まってきたことがあります。 当店が扱うオリーブオイルは、エクストラバージンオイルの中でも、さらに10%未満とも言われる 最高レベルのものだけで、酸度は0.1%~0.15%と、基準値である0.8%よりも圧倒的に低いものです。

バージンオイル

酸度が2%未満かつ、鑑定士の判定が「グッド」としたものですが、味は。。。 …お勧めはいたしません。

ピュア・オリーブオイル

「ピュア」という言葉は綺麗ですが、酸度が1.0%以下で、オイルを搾った後の 「搾りかす」から、溶剤で抽出したオイルに、そのままでは味も香りも無いため、 バージンオイルを加えて風味を出したもの。 このレベルの味では、オリーブオイルが嫌いになっても当然です。

美味しいオリーブオイルの特徴

そもそもオリーブオイルは唯一、果実を絞っただけでできるオイルで、フレッシュジュースのようなものと言われます。 本物の味は「いかにも油!」のようなしつこさがなく、すっきりしたものです。 オリーブの実はフルーツの一種なので、香りも楽しめるものなのです。 苦味、辛味、渋みをどのようにブレンドするかで、味が変わります。 このブレンドする技を持った達人(カタドール)の技量で味が変わります。 「健康にいいから美味しくないけれど飲む」のではなく、毎日の調理で使いたくなるほど美味しいオリーブオイルとの出会いを是非お楽しみ下さい。

オリーブオイル人気商品

最高級オリーブオイル キンタ・ド・ビスパード・リザーブ Quinta do Bispado Reserva 500ml

おすすめ

最高級オリーブオイル キンタ・ド・コア Quinta do Coa 500ml

人気

最高級オリーブオイル キンタ・ド・ビスパード・リザーブ(Quinta do Bispado Reserva)&キンタ・ド・コア(Quinta do Coa) 各500ml 2本セット

更新情報・お知らせ

ホームページリニューアルNEW

↑ PAGE TOP