ファーストシューズの選択

ファーストシューズ

可能性に満ちた人生を歩み始めた赤ちゃんが生まれて初めて履く靴は、やっぱり良い物でありたい。
最近、出産のお祝いにベビーシューズを贈る方が増えています。

国内の天然素材を使った、本革の魅力あるベビーシューズは、お洒落で丈夫。
使い終わった後にもずっと記念に残しておけるものです。
小さな頃の思い出がアルバムの中だけでなく、手の中で輝くものになります。

大事なことだからやっぱり革製

赤ちゃん用の靴で合皮や布製の柔らかいものを多く見かけます。
赤ちゃんの柔らかいイメージからだと思いますが、これは日本やアジア独特のもの。
靴を履く時間が長いヨーロッパでは、本当に良い革靴を親が選びます。
「靴」という字が「革」で出来ているように、ファーストシューズにはやっぱり、本革の上質なものを選んであげたいものです。
よい靴はよい足を育てて、そして身体の成長を促してくれます。
小さいから何でもいいのではなく、小さいからこそ、良い物に触れさせてあげたいですね。

サイズが小さくなっても、捨てるなんてもったいない

赤ちゃんの成長は早く、このファーストシューズもずっと履ける物ではありません。
でも、小さくなったからといって捨てる必要はありません。
海外ではファーストシューズを記念にとっておく習慣があり、『玄関にベビーシューズを置くと幸せが訪れる』という言い伝えがあります。
本革は一生モノ。小さな頃の素敵な思い出として玄関に飾っておいてもいいですし、そのお子様が将来結婚する時のプレゼントにするのも素敵だと思いませんか?

※勿論、綺麗にし、通気性を保ってオイルを塗る等のメンテナンスは行ってくださいね。

1つ1つ、全て手作り安全です

mamのベビーシューズはお洒落なだけでなく、国内の天然素材を使った安全なもの。
小さいからといって、生地を縫い合わせただけの適当なものではなく、本底があり、低反発の素材でできた中敷もあるという本格的なものです。
靴職人が作る靴には赤ちゃん用にも、いや赤ちゃん用だからこそ、手を抜いた仕事はありません。
人生で一番初めに使う靴だから、かわいいだけじゃなく、優しいものを。
そして手のぬくもりが伝わるような素敵なものをお選び下さい。

 

赤ちゃんのファーストシューズ